_J5A8934
_J5A8586
_J5A8607
_J5A8663
_J5A8648
_J5A8680
_J5A8668
_J5A8724
_J5A8763
_J5A8720
_J5A8783
_J5A8828
_J5A8947
_J5A8952
_J5A8957
_J5A8944
_J5A8959
_J5A8833
_J5A8672
_J5A8871
_J5A8906
_J5A8937
_J5A8883

7 Gates Lounge

竣工: 2019.09
用途:休憩ラウンジ
建設地:茨城県
床面積:1380.6m2
施工:西松建設株式会社
撮影:淺川敏

Completion: 2019.09
Principal use:Lounge
Construction site:Ibaraki Japan
Floor area:1380.6m2
Contractor:Nishimatsu Contruction Co.,Ltd.
Photo:Satoshi Asakawa

商店建築2020年10月号P176掲載

architecturephoto掲載

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの物流拠点の増床計画である。
前回同様使いやすさ、拡張性、フレキシビリティを求められたラウンジであるが、前回に比べロッカー室の面積割合が高く休憩ラウンジの割合が低いため、ワンルームでは座席数が確保しにくい。ソファ席は、拡張性に優れている上に一部の机を固定しているため、レイアウトが乱れにくく整理整頓しやすいという利点がある。それを最大限活用するために大きなワンルームのラウンジを7つの部屋に区切り、壁に沿ってソファ席を作ることで座席数を担保した。
 ラウンジは全長約70mで横長の珍しい平面形状をしている。この長さを活かした意匠にするため、ラウンジ間の開口はつくばの縄文遺跡の入口から着想したアーチ形状とし、各ラウンジの天井高に合わせてアーチの高さを決定した。天井が高く明るいラウンジで気持ち良く休憩したいスタッフにはぴったりの場所である。たくさんのスタッフがロッカー室や倉庫へ行くための動線として高い視認性、床の高い耐久性が必要になる横長形状の通路兼休憩室は、つくばにあるワイナリー、ワインカーブのアーチ天井から着想しTunnel Caveという名前をつけた。ここはあまり広くないところで、落ち着いて休憩したいスタッフ向きである。
 こちらのラウンジでは、働いているスタッフが、大きな窓のある本物の木の床、左官の壁のラウンジでゆっくりとくつろぐことができる。たくさんのスタッフが一度に働く大きな施設において、その個性と感性、使い勝手に応えるべく多様でフレキシブルな場所を設けた。「ZOZOBASE」の焼印入り椅子や「ZOZO」をかたどったフローリング、コーポレートロゴのカラーを用いた壁のあるラウンジで休憩時間をゆっくり過ごすことでZOZOグループの一員として一体感が得られ、同じグループで働くスタッフ同士の連帯感を高めることのできる場所を作った。

 

 

Copyright © 2018 Shio Architect Design Office Co.,LTD. All Rights Reserved.